お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ チュシンの星のもとに。TOP星組 ≫ チュシンの星のもとに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

チュシンの星のもとに。

昨日、舞台の上にいたみんなの、眩しいほどの輝きがまだ、あたしの中に強く残っているから。

だから余計、この発表は辛かった。





この決断を下す日が、初日を約10日後に控えた今日だったことを思えば、どれだけテルくんが、星の皆が、復帰をただ信じて願って日々を過ごしてきたかってことが、痛いほど分かってしまう。

新しい門出。

ちえねねのお披露目を支える二番手として、
そして自分自身の星組・二番手お披露目の場として、

この演目が、どれほどテルくんにとって大切なものだったか。

立場は違えど、どれ程の意味があるかを、あたしたちは知っているから。


アラビアの初日を息を詰めて迎えたあの日の気持ちは、決して忘れられるものではないから。


復帰を信じながらも、代役のお稽古も進めなければならないジレンマだってあったでしょう。
そして、今日の発表を持ってそのジレンマがなくなったとしても、同じだけの複雑な想いを皆は持ちながら進んでゆくのでしょう。

だってきっと、組子のみんなが一番、復帰を信じたテルくんを身近で見ているから。


大好きなともみんが、ホゲの代役でした。
サリャンはしーらんがつとめます。

抜擢のこの二人にも、きっと予想以上の責任が今、圧し掛かってる。



だけれども。
ここまで書いて、そんな自分に反論する。

星の組子たちの強さは、あたしが彼らを追いかけながら見てきた。

歴代の素晴らしい先輩たちの背中を見て育ってきたみんなが、生え抜きのちえちゃんをトップに新しい組の歴史を紡ぎ始めようとしている。

そこに加わった新しい仲間。
テルくんが一日も早く笑顔で復帰できるように。

きっときっとみんなが、自分が持っているすべて、もしかしたらそれ以上の力を発揮して舞台を創り上げると思うのです。

ピンチをチャンスに変えて。
きっと新しい星組の絆は、この難関を乗り越えた時、より強固なものとなっているはず。


そう信じて。
今は祈る。

テルくんの怪我の発表があった日にも同じことを書いたけれど。

星組のみんなが無事初日を迎えられますように。
結束した気持ちが、大きな成功を呼びますように。
テルくんの怪我が一日も早く良くなりますように。
笑顔で舞台に戻って来れますように。

強く強く。
星に向かって、あたしはただ祈ろうと思うのです。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。