お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 4月30日出。TOP華やかなりし日々 ≫ 4月30日出。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

4月30日出。

四月最後の出待ちはガードではありませんでした。
昨日も書いたけど、もう花の道で夜にゆうひさんを待つのも最後かも、と思うとその度に胸がぎゅううう、と苦しくなります。

連休後半は仕事なので、私の次の遠征は…
いや、まだ考えるのはよそう。

さて、東京では非常に珍しい、ゆうひさんのメガネ姿に本日はお会いできました(>ω<)
嬉しかったー嬉しかったよー!!

たすたす歩くゆうひさんの後ろをみんなでトコトコ歩いて、くるりん、とゆうひさんが振り返ってメガネのお顔が見えた時の私の撃ち抜かれ度は半端なかったですよ!

入り出でゆうひさんの目を見てお手紙を渡せることは、お稽古待ちになかなか行けない若輩者の東京チームの私にとっては、本当に奇跡みたいな大事件なのです。
嬉しくてそれだけで泣きそうになってしまいましたよ、まったく。
はあ。幸せ。

ゆうひさんはにこにこ笑顔でお手紙を受け取ってくださいました。

最後もみんなを見渡すようにふんわり笑ってバイバーイって言いながら駐車場に消えていかれました。

車は対向車が来たりしたのですが、私たちの前を通る時はいつも以上に小刻みに手がフルフルして、すごーく可愛かったです。


今日は公演中急に、ゆうひさんと会えなくなったら私どうしよう、どうやって生きてくのかな、と不安と悲しさが突如襲ってきて大変なことになってしまいました(主に涙腺が)
ひどいぶちゃむくれでしたよー。
まったく、どこからあんだけ涙が出てくんだか!

なんですかね、昨日くらいから妙にセンチメンタルなんですよね。
大好きなカサブランカをスカステで観たせいなのかな?

いよいよ自分の中でも色々溢れてきてますな。

ただ、ゆうひさんを見つめることだけは、ブレることなくちゃんと、真っ直ぐに全うしたいです。
本当に今はそれだけ。
ただそれだけです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。