お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ゆうひさんの宝塚愛。TOP祐飛さん ≫ ゆうひさんの宝塚愛。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ゆうひさんの宝塚愛。

今回の公演は初舞台公演でもあります。
私は大劇場で初舞台公演を観るのが初めてなのですが、その独特の雰囲気と感動は宝塚ならではで、ご贔屓の公演として観ることが出来て本当によかったなぁ、と思っていまして。

ゆうひさんも、お茶会やナウオン、そして初舞台生特集の番組でも色々なお話をされていて。
その時のゆうひさんのお話される内容や表情は、ゆうひさんがどれ程宝塚という世界を、宝塚そのものを愛していらっしゃるか、ということを表しているな、と思います。

穏やかな笑顔で、嬉しそうに98期生のみんなを語るゆうひさん。
全員東京まで連れていきたい!みんなで今回の公演を創ってきたんだから誰一人欠けて欲しくない!とお茶会でお話されていたと時の愛しそうな笑顔。
ラインダンス後の舞台は清らかな空気に満ちているとも語られていて、どれ程ゆうひさんがこれから宝塚の世界で生きていく後輩たちを大切に思っているかが端々から伝わってきます!

ご自身の退団公演に彼女たちを迎えられたことは、ゆうひさんにとってもとても大きな意味があったんだな、と。

ゆうひさんの宝塚への、男役への愛が、98期の皆さんに伝わっていますように。
そしてその想いが、更に続く宝塚の歴史の中に受け継がれていきますように。

私たちはこれからもゆうひさんが紡ぎ後輩へと託す想いを、舞台の上に感じられる。
それほど幸せなことはなく、それこそ、ゆうひさんが長い時をかけて形にしようとなさってきたことなんじゃないかと思っています。

98期は私にとって特別な期になりそうです☆

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。