お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ すべての時間が愛しいTOP月組 ≫ すべての時間が愛しい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

すべての時間が愛しい

そう話す笑顔は、私がきりやんに出会った日から変わらずきりやんそのものと思っていた太陽のように輝いていて、本当に本当にキレイでした。

私にとってユウヒさんは宝塚そのものみたいな存在ですが、いつもユウヒさんを見つめながら私は同時にきりやんのあの笑顔を追いかけてきました。
いつもきりやんはそこにいて、太陽みたいに私や客席を照らしてくれました。

トップ就任の時、スカピンお披露目の時、あの頃にブログに残した気持ちそのままに今もきりやんを見つめていられるのは、きりやんが月組の真ん中で、暖かな笑顔と真っ直ぐに前を見つめる瞳を変わらずに持ち続けてくれたからだと思います。

あの頃も散々書いたけれど、きりやんは私にとってやっぱり特別で、本当にかけがえのない存在です。

ユウヒさんを私の青春、と言ってくれたきりやん。
馴れ合うことはせず、でもずっと一緒に歩んできて、言葉はなくても繋がる絆が二人の間には確かにあって、同士として歩んできた歴史は、まだひよっこファンの私の心にも刻まれ、そんな2人が本当に大好きでした。

来年もまた、桜の季節に大切な大切な大切な人を見送ります。
毎年、4月は特別な生徒さんを見送っていますね。

哀しさ、寂しさ、胸に穴があいたような喪失感に呆然となる私を、太陽のような笑顔で変わらずに照らしてくれた人。
きりやんが見せてくれたとびっきりの笑顔が、ご卒業のその日まで輝き続けますように。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。