お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ マヤさんご卒業TOP雑感など ≫ マヤさんご卒業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

マヤさんご卒業

昨日、信じられない報が飛び込んできました。

未沙のえるさんご卒業。

全く予期していなくて、一瞬ことやら分からず、????、ってなってしまった。

コミカルな役も、でも重い芝居も、哀しい場面も、幸せな瞬間も、マヤさんが演じた瞬間にそれはマヤさんだけが演じられるものとなり、マヤさんの決して大きくはない体から発せられる力は劇場全体を包んで、いつだって私たち観客の心を掴み、終演後に残る余韻のなかにはいつだってマヤさんが演じたキャラクターたちが息づいていました。

勝手にマヤさんを宝塚のお父さんみたいに思っていて、何故か永遠にあの場所で笑っていてくださると思っていたのに、こんなにふいに、お別れの時を告げられるなんて。

でも美しき生涯であの秀吉さまを最後まで悔いなく追いかけられたことは、私の中でとても大きな意味を持つこととなりました。

また一人、本当に貴重なスペシャリストを、私たちは失うのですね。
専科さんがどんどん辞めていかれることがどれほどの財産喪失なのか・・・胸が痛みます。

マヤさんの最後に生み出される夢を、しっかり自分の中に残したいです。
オーシャンズ、行くぞー!!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。