お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 共同作業萌えキュン~その2TOP美しき生涯/ルナロッサ ≫ 共同作業萌えキュン~その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

共同作業萌えキュン~その2

昨日ついったで呟いて、見ていた方も、見ていらっしゃらなかった方も、総じて皆さんでキュンキュンしたハプニング。

弁財天の踊りのところで、最初に三成茶々が舞台中央で絡むあたりで、ふいに茶々がしゃがんだので何があったのかと思ったら、草履が片方脱げてしまっていて、その脱げた草履を、踊りの邪魔にならないように、そっと後ろに置こうとされていました。

それに気付いた三成さま、茶々が置いた草履をおもむろに拾い上げ、踊り続けようとした彼女の肩にそっと触れ、ひざまずいてその草履を履かせてあげたのでした。
茶々もそれにこたえて動きを止め、草履を履き直し、そこから2人は自然に踊り始めました。


その一連の仕草の自然さに鳥肌が立ち、まるでお茶々さま、と呼び掛ける三成の声が聞こえるようで、あまりに2人が三成と茶々そのもので、なんだか感動して涙が出てきてしまったのでした。

2人がそうしている後ろで弁財天たちが舞い、りりこちゃんが歌い、まるでそれが、台本通りの動きのようで、美しくて2人の想いがふいに溢れ出したようにも見えて、本当に素敵でした。

ハプニングをそんな風に対処出来ること、ゆひすみの2人が、お互いを理解してちゃんとお互いの呼吸を感じているからこそ生まれた瞬間。


あーほんとに私、ゆひすみのコンビが大好き。
本当に本当に大好きで、幸せだなぁ、と思いました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。