お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ スタート。TOP誰がために鐘は鳴る ≫ スタート。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

スタート。

一昨日が千秋楽だったのに、もう今日は次の公演の集合日です。
生徒さんたちの体が心配になる程、本当にお休みがありません。

今年に入ってからカサブランカ東京公演、終わった途端にシャングリラのお稽古、終わったらすぐに虎ファン、そして銀ちゃん、誰がため、と今年3日以上のお休みがあったのか、とご贔屓の体が心配で仕方ないデス。

でも、何を言っても新しいスタート。
また今日から新しい世界に皆さんは飛び込んでいかれます。

そして宝塚はスタートを切る日に、いつも切ない発表があります。

ユウヒさんは2年連続で年末大劇場、新年東京で公演をされますが、同じく2年連続で偉大な先輩をお見送りすることになります。

博多座からカサブランカとご一緒して、トップ就任後の一番ハードな時期をご一緒に駆け抜けていただいた萬ケイさま。
素晴らしい大先輩を宙組全員で見送ったのがつい昨日のことのようなのに。

星原先輩もご縁深き方でした。
花組異動初っ端のアラビアで星原先輩とユウヒさんが作り上げたあの親子の全力でのぶつかり合いの場面は、忘れらない名場面として、今も私の中に残っています。
花組時代の大劇場公演はどちらも星原先輩と共演させて頂いているのですよね。
星原さんという偉大な方が宝塚を去られるなんて、全然本当にまったく実感がわきません。
これから1月30日まで、宙組さん全員で星原先輩の一挙手一投足から、色んなことを最後まで真摯に学んでゆかれることと思います・・・・!


そして、衝撃は続きました。
ちっすー・・・・何故・・・・・
下級生ながらあの芝居心は素晴らし過ぎる!と思っていて。
今回の徳子さんだって、面白くて可愛くて本当にこれからも楽しみな娘役さんだったのに。
演技派で主役を支える娘役の存在は本当に稀有なもので、大切な唯一無二の人になっていくと信じていたのに。小さい体でパワフルかつチャーミングなちっすーが大好きだったのに。
信じられるか、おい。信じられねーよ。と銀ちゃんのようにひとりごちております・・・・


ケイトくんはりく愛もんちと同期の93期。
まだ、あまりにサヨナラには早すぎます。
早くからお顔を認識していたケイトくん、これからどんな風に花開いていくのか、それを楽しみに出来る学年である生徒さんが、早くも巣立っていってしまうことが、切なくて寂しくて。



集合日は新しい作品に出会うためのスタート地点。
でもいつもいつも、切ない気持ちと向き合う日でもあります。

宙組さん全員と、3人の卒業生にとって、かけがえのない、素晴らしい公演となりますように!





Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。