お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 雪組「ロジェ/ロックオン」千秋楽おめでとうございます。TOP雪組 ≫ 雪組「ロジェ/ロックオン」千秋楽おめでとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

雪組「ロジェ/ロックオン」千秋楽おめでとうございます。

雪組千秋楽おめでとうございます!

ムラの楽と同じように・・・・
今日東京の空も晴れていて、雨なんてどこにもありませんでした。
最後の最後に、雨を晴れに変えるパワーが、今日は日比谷に在ったんだ、と信じてます。

今日はその晴れてキレイな夕焼けを見ながら、水さんの笑顔を思い出していました。

真っ直ぐな人。
飾らず正直で、普通の感覚と宝塚という夢の世界を融合させることの出来る人。
いつも真摯に何事にも向き合う人。
人を思いやり、人を信じ、人を愛して、人と共に在る人。

舞台で、スカステで、インタビューで、そして友達から聞く様々な話を通じて、私の中にはそんな水さん像が出来上がり、タカラジェンヌとして、そして一人の女性として、とても尊敬して大好きな方でした。
水さんのインタビューを読んだり聞いたりすることで得たことが私はたくさんあります。

100年近い宝塚の歴史の中で、私がファンとして宝塚と接してきたのはたった数年。
でもその数年、特に好きになり始めた頃にトップだった方や二番手にいらした方というのは、自分の中で唯一無二の絶対的なスターという感覚があって。
まさにその方たちの姿を見て、私はトップスターというものを知ったので。
私にとって水さんはそんなジェンヌさんの現役最後のお一人でした。


水さんがムラの千秋楽で語ってくださった言葉を借りるように、私の友人もまた、先日、もう一片の悔いもなく、幸せだけを胸に抱いて、男役としての水さんを見送るんだ、と言っていました。
あの方と歩んだ日々を誇りにして、これからも生きていくんだ、と。
人生の約3分の2を水さんと歩いてきた彼女の言葉はいつもながら輝いていて、その強い眼差しはとても美しく、本当に彼女をキレイだと、心から思いました。
そこにはもう純粋なキモチしかなかったから。
焦がれるように思い続けることの難しさを、私は知っているから。

そしてそんな浄化されたような想いが、ここずっと、日比谷の街には息衝いていました。
劇場前を通ると真っ白になったガードを見て、その美しさを目に焼き付けておこうと思いました。

生徒さんとファンの皆さんが、一緒に創り上げた日々の結晶の今日、日比谷に集うすべての方にとって、生徒さんも、ファンの方も、すべての方にとって、今日という日が、その晴れ渡った青空みたいな最上の一日となり、そのお心に刻み込まれる忘れ得ぬ一日とならんことを。

本当に本当に本当に。
水さん、ご卒業おめでとうございます。

水さんをはじめとするご卒業生の皆様の明日からの新しい未来に、輝いた幸せが満ちていますように。




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。