お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 8月8日、アリス記念日。TOPTRAFALGAR/ファンキーサンシャイン ≫ 8月8日、アリス記念日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

8月8日、アリス記念日。

今日買ってきたポケットおとめにその姿を無意識に探して、もうあなたはいないのだ、と胸が潰れそうになりました。

88期という素晴らしい期の生徒さんたちの中でも燦然と輝くアリスちゃんが、ご自身でもお話されたように、8月8日にこの花園を巣立つことは、運命のようにも感じられ、でもいまだに、嘘だったらどんなにいいか、と思わずにはいられないです。

アリスちゃんへの想いを綴った記事はまだ書き途中なので、今日は8月8日のアリス記念日(勝手に記念日認定)を振り返りたいと思います。





不甲斐ないことに入りに行けなかった私。

前楽で、アリスちゃんの姿を見たらもう決壊する、と思っていたのに、お芝居でもショーでも、アリスちゃんはそこにいることが、宙組の花影アリスとして舞台に立つことが、自然なことなのだ、と私たちに全身で伝えているように、いつもの通り、その場所にいました。

ファニーを生き、ショーではこれ以上ない程輝き、組子みんなと笑顔でアイコンタクトして弾むようにその場所に存在するアリスちゃんを見て、もう今日でこの人をこの場所に見ることが最後なんて嘘だと思った。

発光したように輝く姿は美しくて、こんなにキレイな人がいるのか、と見惚れてしまう程だった。

劇場中のみんなが、アリスちゃんに見惚れて、アリスちゃんの生み出す夢に酔って、その笑顔に幸せをもらってた。


千秋楽のファニーは、いつも以上に凛として美しく、そして気高くて誇りを持っていた。
ネルソンへの愛は真っ直ぐで、愛されない切なさの中で、彼女が本心を隠してネルソンに相対する時に見せる強がりのような高圧的な言葉たちに、彼女の気付いて気付いて、っていう言葉が溶けていて、レストランの場面で取り残された子供のような悲哀の表情を浮かべたファニーは、抱きしめてあげたいほど、ネルソンを一途に想う女の子だった。
台本ではただ高慢ちきにしか読み取れないファニーをここまで人間らしく色付かせられたのはアリスちゃんだからなんだ、と思った。
アリスちゃんじゃなければ、こんなファニーは生み出せない。
アリスちゃんは夢の世界で、リアルな感情をしっかり役に息衝かせて、私たちに届けることが出来る人だった。

レディ・ネルソンになれていたのかしら、という場面と、最後の義父の車椅子を押してはけていく場面の拍手は、きっと、エトワールの時と並んであの日一番一番大きなものだった。
ラストシーンのエマとの邂逅の後の拍手は、芝居が止まるほど、ずっとずっと鳴り止まなかった。
みんながファニーを、あの本当は小さな女の子みたいな独りぼっちだったファニーを、そんなファニーを演じるアリスちゃんを、愛していたんだよ、って。拍手に乗ってアリスちゃんに届いていたらいいな、と思いながら拍手していました。


そしてショーでは。
組子のみんながアリスちゃんをどれだけ愛してたか、仲間に、スタッフに、ファンに、どれだけ愛されていたか、表れている様なショーになり。

みんなの想いが、劇場中に溢れて、止まらなくて、暖かな演出に泣き笑いながら、アリスちゃんの最後の格好良くてキレイで最高にステキな姿を目に焼き付けて。

YURIKOちゃんのベールも、YUZOさんからの大きな大きなラブレターも、それをもう一度持ってきたすっしーさんも、みーちーからの88のボードも、組子さんたちからのアリスちゃんへの想いが溢れてて。
プロローグ、中詰めやハイエナの弾けるような笑顔やアダルトなダンスも、そしてフィナーレのエトワールも、一瞬だって見逃すまい、とアリスちゃんの姿をみんなが息を詰めて見つめて追いかけて、泣いて笑って、心からの拍手を送っていました。

大好きなYURIKOさんの、YUZOさんへの花道での来いや~!なリアクション、オトコマエなアリスちゃん、本当に本当に大好きだったなぁ。


ご挨拶、お花はユウヒさんとみーちゃんから。
組子みんなが、アリスちゃんの素晴らしいご挨拶に涙して、私たちも涙して、でもこんなに清清しく美しく、凛として格好良く、憧れてしまうようなご挨拶を私は知りません。

どうしてもあの素晴らしいご挨拶を残しておきたくて、ゴウゴウ泣きながら、ニュースのアリスちゃんご挨拶を書き起こしました。


「4月6日に退団を発表してから今日まで、沢山の人々に素敵な言葉を愛をいただき、私がこれまでどれだけ愛され、どれだけ幸せだったかを痛いほど感じました。

その幸せを胸に、これからも、私らしく、生きていきたいと思います。

宝塚の生徒として最後となる今日、想うことは沢山ありますが、一番大きいのは私を支えてくださった皆様への感謝の気持ちです。

88期生の私が、8月8日、今日という日に退団していくのはなんだか運命のように感じています。

これからも私の愛する華麗なる88期生を、そして素敵な祐飛さん率いる大好きな宙組を、私と一緒に応援してくださいますよう、よろしくお願い致します。

私を支えてくださったすべての皆様、9年間本当にありがとうございました。」


一言一言を噛み締めるように、しっかりを前を向いて、ご挨拶を述べるアリスちゃんは本当に美しく、花影アリス、ここにあり、という最高に素晴らしいご挨拶でした。

同期を愛し、組を愛し、同期に愛され、組に愛されたアリスちゃんのすべてがそこには在るご挨拶でした。

拍手が鳴り止まなくなったのはその日何度目だったでしょう。
いつまでも鳴り止まなければいい、と思ったのも何度目だったでしょう。

こうしてアリスちゃんは宝塚を巣立ってゆかれました。


お見送りでも、とても幸運なことに、アリスちゃんのお顔をしっかりと見つめられる場所で、アリスちゃんに拍手をすることが出来ました。

キレイなお顔にキリリとした袴姿。
これぞタカラジェンヌ。
清く正しく美しい、その言葉の通り、そして会の方がかけられた掛け声の如く、まさに太陽のような娘役さん。

不思議の国、ではなく、夢の国を飛び出したアリスちゃんが、またあの可愛くてキュンとする笑顔を浮かべて私たちの前に現れてくれる日が来ることを待ちわびています。


8月8日はアリス記念日。

アリスちゃん、ご卒業おめでとうございます。
最高に格好いい、憧れの娘役なあなたを、ずっとずっと忘れません!
たくさんの夢と、幸せと、感動をありがとうございました。




Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年08月11日(Wed) 11:34
コメントありがとうございます!!
編集
andyさんコメントありがとうございました。

お言葉のひとつひとつが胸に響きました。
本当に書いてくださったお言葉に私も同感でございます。

あんなにもステキで素晴らしい娘役さんは得難く、巣立っていってしまうことが本当に惜しくて、まだ宝塚に彼女がもういない、という実感がわきません。

でも、本当に本当に千秋楽のアリスちゃんは美しく凛として、そして晴れ晴れと穏やかなお顔をされていました。

私もandyさんと一緒に、アリスちゃんの更なるご活躍と幸せを祈りたいと思います。

公演中、andyさんをはじめとするムラ組の皆さんに少しでも東京での宙組の皆さんの様子がお伝え出来ていたら、と思っていたので、嬉しかったです。
なかなか公演のことがしっかり書けず申し訳ありませんでした。

次は銀ちゃんですね!
みっちゃんヤス、本当に楽しみデス!!

9月もまたよろしくお願い致します!
コメントありがとうございました。

2010年08月15日(Sun) 23:46
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年08月16日(Mon) 13:51
コメントありがとうございます!
編集
hanihaniさんコメントありがとうございました!

そういっていただけて嬉しいデス☆
本当にキレイでステキで素晴らしい千秋楽のアリスちゃんでした!

ステキな遭遇のお話もありがとうございます!
ボブなアリスちゃん!み、み、み、見たい!会いたい!
絶対カワイイ~~~!

近い内にまた、あの笑顔に会えると信じたいですネ♪

改めてアリスちゃんの未来にこれまで以上の幸せが満ちていることを祈りたいと思います!

コメント、そしてステキなお話ありがとうございました!!

2010年08月20日(Fri) 11:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。