お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 待ってます!TOPTRAFALGAR/ファンキーサンシャイン ≫ 待ってます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

待ってます!

本日より、くらっちが休演しています。
私はロビーの貼り紙に気付いていなくて、オペラ場面でくらっちがいないことに気が付きました。

代役は新公のくるみちゃん。
もともと同じ場面、バレリーナの一人として出演しているので、場面の空気感は毎日共有してきたと思いますが、突然の代役、頑張ってました。

問題はショーです。
くらっち、こちらは大車輪の活躍なので、どうなっているのか・・・・と思いつつショーに臨みました。

プロローグは特に変更なし。
太陽族も代役は立っていなかったように思います。

中詰めは総踊り場面はしおりちゃんだったような・・・・
サニーはえびちゃんが入っていました。

問題のサンライズは、再びくるみちゃんが!
場面始まりでコートを落としてしまうハプニングもありましたが、もの凄い集中力であの場面のクオリティを保とうと、そしてくるみちゃんをみんながサポートしようと、懸命に懸命に踊っていました。
くるみちゃんは笑顔がこわばる時もあったけれど、振りはほぼミスなく、周りのフォローもあって最後まで無事踊りぬいていました。
多少振りを変えてはいたけれどそれでも、あれだけの難易度の高いナンバーを、それも初日以降日々進化し、今では考えられないほどの完成度となっているあの場面に、入っていく怖さは如何ばかりかと思います。
それでも、全身で踊り抜こう、と手足を伸ばして踊るくるみちゃんの姿、そしてそんなくるみちゃんをフォローしつつ踊りきったメンバーたちに、こちらは号泣。
終わった後、代役を知って拍手を送ったファンも多かったと思います。

サンライズが一番突出はしていましたが、とにかく、組が一丸となって、くらっちが戻ってくるまで、その穴をうめよう!っていう気持ちが溢れた今日の舞台でした。

私はインフルエンザの時のカサブランカを観ていないので、休演がこんなにも胸苦しくなるものなんだ、と改めて今日感じました。

みこちゃんが帰って来て、やっとみんなが揃った、と思った直後のくらっちの休演。
くらっちにとっては宝塚人生最後の舞台。
一日も早く、あの笑顔とエネルギッシュなダンスが観られますように。

そしてくらっちの復帰を待ち侘びながら、今日、全員でこの舞台を乗り切った組子さん。
本当に感動しました。
素晴らしい舞台をありがとうございました。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。