お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 祝!花組虞美人千秋楽!TOP花組 ≫ 祝!花組虞美人千秋楽!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

祝!花組虞美人千秋楽!

花組「虞美人」東京公演千秋楽おめでとうございます!!

最高に暖かくて、感動的な千秋楽でした。
まだ、胸がいっぱい。

今日は終演後仕事が入ってしまい、お見送りをすることが出来なかったのが唯一の心残りです。今会社に戻ってきたんですが、劇場前は、もう数時間前の輝きや喧騒が嘘のようにシンとしていて、余計寂しさが募りました・・・・


彩音ちゃんは最後まで、彩音ちゃんが築き上げた娘役をまっとうして、ご卒業されました。

虞として、あの舞台の上に立つ彩音ちゃん。
サヨナラショーで、これまで愛してきた曲を歌い、踊る彩音ちゃん。

私は涙も鼻水も止まらなくて、一幕からグズグズだったんですが(ばっちくてすいません)。
ああーこんなにも輝いてキラキラして、神々しいまでに発光してる彩音ちゃんを観ることが出来てよかった、ってずっと思いながら見つめていました。

ゆうさんと見つめあう度に、涙は止まらなくて。
でも涙を流しながらキレイに微笑む彩音ちゃんは聖母のようでした。

ホーム、顎で受け止めて、EXCITER、ME AND MY GIRL、太王四神記のデュエダン、そして相棒。

彩音ちゃんの珠玉の想い出たちの総集編みたいなサヨナラショー。

サリーちゃんな彩音ちゃんとビルなゆうさんに再会出来るなんて信じられなくて、去年百年への道でお目見えした二人のビルとサリーを一目見た瞬間から私は愛していて、それが一年後にこんなカタチでもう一度目に焼き付けられて本当に本当に嬉しかった。

梅芸で観た時と同じように、二人はお互いを大好きで、大好きだよ~!私も~!って言い合っててもの凄くキュートなカップルでした。

そして、数十回劇場で観て、その後も映像で数え切れないくらい観た、私が宝塚で一番大好きかもしれない太王四神記のデュエダン。
もはや号泣を超えて嗚咽・・・・止まりませんでした。
振りのひとつひとつまで完全に頭の中にインプットされて、音楽を聞くだけで鳥肌が立つあのデュエダンを、もう一度観ることが出来た・・・・

ムラのサヨナラショーは胸が苦しくなっちゃうので、ほとんど観ないようにしていたので、このデュエダンが来るって知らなくて。
反則だー!って思いながらタオルを顔に当ててうぅぅぅ・・・と泣きながら見つめていました。

あー。今日改めて実感した。
やっぱり私にとってまとあやというコンビは別格に愛しい二人だった。


ご挨拶では、ゆうさんが彩音ちゃんに言葉をかける時に、涙で言葉に詰まってしまった時に一番決壊したかも。
相手役さんが、娘役ちゃんのために、惜別の涙を流してくれるなんてこと。
娘役ファンにとって、これ以上ない、本当に本当に幸せな瞬間だった。


うあーなんかもう、書いていることが支離滅裂ですね。
気持ちがまだフワフワしていて、この心の中にあることをうまく言葉に出来ない感じです。


とにかく今簡潔に言えることはただひとつ!
本当に暖かくて素晴らしい、最高の千秋楽でした!

詳しい感想は気持ちが落ち着いたら書けるかな・・・・



彩音ちゃん、もえりちゃん、千桜ちゃん。
ご卒業おめでとうございます!
皆さんの明日から始まる新しい人生が、今日の日と同じように暖かな幸せに満ちていますように!

そしてゆうさんをはじめとする花組の皆さん。
ゆうさんがカーテンコールで、花組を愛してますか?って聞いてくれましたが、勿論勿論勿論!ものすごーーーーく愛してます!!!

素晴らしい舞台、素晴らしい感動をありがとうございました。
お疲れ様でした!!!


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。