お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ あいちゃん、ありがとう。TOPあいちゃん ≫ あいちゃん、ありがとう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あいちゃん、ありがとう。

うちのブログには城咲あいちゃんファンがたくさん来てくださっているので、すでにご存知の方も多々いらっしゃるとは思いますが・・・

万が一まだお読みになっていらっしゃらない方がいらしたら、どうしても読んで頂きたいから、ご紹介させてください。


あいちゃんが、ご自身のブログで、退団に関することを、その想いを、綴ってくれています。


城咲あいちゃんブログ HAPPY ROSE「退団4ヶ月経って思うこと・・・」







皆さんご存知の通り、私はあいちゃんが大好きでした。

あいちゃんからもらったたくさんの幸せは、今もしっかりと私の中に息衝いている。
この想いはずっと消えることはないし、これからも時々取り出して反芻する記憶になると思う。

あいちゃんが退団してからブログを始めた時。
すごく嬉しくて、あいちゃんとまだ繋がっていられることがすごく幸せだった。

そして。
あいちゃんが日々綴る言葉を読んで、その飾らない、あいちゃんらしい楽しくて明るくて開けっぴろげなそのブログを読むのが楽しくて、あいちゃんを身近に感じて、在団中以上に、あいちゃんをもっともっと大好きになっている自分がいました。

卒業されてからまだ主だった活動をしていないこともあるのかもしれないけれど、退団されたどの生徒さんよりも、あいちゃんは私たちに今の自分を正直に真っ直ぐに伝えてくれた。

それは、あいちゃんが在団中ずっとそう在ろうと決めていた、舞台に、私たちファンに、そして自分に誠実であれ、という姿勢を、退団後も持ち続けてくれている証明みたいに私には思えた。


ブログを通じてあいちゃんのことを色々知れることが嬉しくて、あいちゃんの気持ちをブログを通じて私もまたこの4ヶ月受け取ってきました。

そして今回。
やっぱりどうしたって私たちの胸の中にあるモヤモヤと、あいちゃんは誠実に向き合ってくれた。

他の誰とも違う唯一無二の娘役さんだと、私はあいちゃんの退団に寄せて書いたことがあるけれど、本当にやっぱり、あいちゃんは唯一無二だと、思った。


このあいちゃんのブログの記事を、私はうっかり電車の中で読んでしまい、途中下車してトイレに駆け込んでしまうほど泣いてしまいました。

どれだけその言葉を待っていたか。
どれだけあいちゃん自身の気持ちを知りたかったか。
どれだけあいちゃんの退団に至る経緯が、まだ自分の中で大きなわだかまりとして残っていたか。
その時痛い程痛感した。

そして痛感して、思い切り泣いた後で。
その大きな大きな黒い錘みたいなモノが、ゆっくりと溶け出していくのを感じた。


退団の頃、私はあいちゃんに対して色々な記事を書きました。
書いて書いて書いて、でもアップ出来なかった記事も勿論たくさんありました。
でも最後には、笑顔で見送れたと思っていました。

だけどそれは違って、やっぱりただ笑顔ではいられない感情があったのは事実だった。
それから目を逸らしていた、それもまた事実。

そんな私に、あいちゃんは自分の言葉で、そのことに向き合って投げかけてくれた。

逃げ出したい、目を逸らしたい、もう放っておきたい。
きっと多くの人がそう思う事実に、逃げずに向き合ってくれた。
他の誰とも違う道を歩くことになった自分と向き合うことが、どれだけの勇気がいることか。

そしてそんな想いの果てに、私たちファンへのキモチを綴ってくれた。
私たちにとって、これ以上の宝物があるでしょうか。


以前トップスターロングインタビューで、ユウヒさんが、飛鳥夕映えのあさかし特出の話をした時。
2人と自分の差をその時改めて感じて、自分に何が足りないのかを自覚した、とおっしゃっていたことがありました。

私はその時本当に感動して、この人のファンで良かった、と心から思ったんです。
芸の道で、競い合ってトップを目指す宝塚という世界で、自分の長所を語るこそすれ、欠点や足りない部分を受け入れて認めて、それと向き合うことがどれだけ難しく、どれだけ尊いことか。
それが出来るユウヒさんを、本当に素晴らしいと思ったし、もの凄く尊敬した。
だって、本当に、それってすごいことですよね。


あいちゃんが今回語ってくれたことも、それに通じる気がして。

トップ娘役に手をかけて、もうそこに見えていたのに、その座に収まることなく退団した自分を、認め、向き合い、そして私たちファンにその想いを正直に話してくれる人。
それがどれだけ尊く、稀有な行為かを、私は想う。

そんな困難なことを、しっかりと形にして伝えてくれたあいちゃんを、私は本当に大好きだと改めて思いました。



あいちゃんと出会えてよかった。
本当によかった。

退団してなお、大好きなキモチが膨らんでいくなんて、初めてのことだから。

私はこれからも全力で、あいちゃんが進んでいく道を応援して行きたいと思います!
今回の記事を宝物に加えて、明日からのあいちゃんの活躍を祈ってます!

あいちゃん、本当に本当にありがとう。
あなたと出会えて、大好きになれた私は、本当に本当に幸せモノです。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。