お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ まだ早すぎやしないかい。TOP雪組 ≫ まだ早すぎやしないかい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

まだ早すぎやしないかい。

またひとつ瑞々しく輝く花が去ってゆく。





みなこちゃんの退団発表は寝耳に水で、あれ?お披露目?ん??と気持ちがついていかなかった。
水さんの退団発表があった時、色々な想いが渦巻く中で、それでもみなこちゃんの進退に気持ちが及ばなかったのは、よもやお披露目が済んだばかりの、若々しい娘役ちゃんが退団してゆくなんていう選択肢が私の中になかったからだ。

娘役が相手役さんに添い遂げることは娘役ファンにとっては、ひとつの美しいカタチだと思う。
あすかちゃん退団に寄せて、散々書いたことだけれど。
それでも、あまりにも、彼女が巣立ってしまうのは、早過ぎる気がして。


みなこちゃんの、水さんに対する、尊敬と憧れと大好きの入り混じった視線は、私の娘役大好き心を激しく刺激して、二人がダイナミックに踊る姿は、本当にステキだった。

百年への道で、まだ若干となみちゃん退団ショックを引きずっていた私に、輝く未来を示してくれたあのみずみなコンビのダンス。今でも思い出す。

胸の中でトキメキと喜びみたいなものがない交ぜになって、ああ、新しいコンビが誕生したんだ、ってすごく幸せな気持ちになった。

水さんがとなみちゃんと築いてきた歴史は勿論輝かしいものだけれど、またみなこちゃんと、となみちゃんのそれとは全然違う関係を、水さんは築いていかれるんだ、って。感動すらしていた。

そしてみなこちゃんは、躍動感溢れるダンスを踊る人でもあり、凛とした佇まいで、私の心を揺り動かすお芝居をする人でもあった。

初めてみなこちゃんのお芝居を観た時、これは血なのかしら、と思った。
つか先生のお芝居は昔から観ていたし、ああいう芝居を、きっと小さな頃から身近に感じて成長してきた人だからこそ、生み出せる呼吸や空気感みたいなものを、この人は確かに持っているんだなぁ、と。
それもまた才能なんだ、と。思った。


まだ早過ぎる、って思った。
でも同時に、あの、みなこちゃんの水さんへの視線を思い出すと、あの眼差しを向ける相手は、みなこちゃんにとって水さんしかいなかったのだ、って娘役ドリーム満載の私は信じたくもなる。

かなみちゃんがあさこさんを。
あすかちゃんがとうこさんを。
すみ花ちゃんがユウヒさんを。

見つめる視線の、温度。
それはその二人ならではのもので、その違いこそがそれぞれのコンビの特徴でもあり、魅力でもあるんだと私は思っていて。

みなこちゃんが水さんを見つめるその熱い眼差しは、本当に得難く美しく、みずみなだけの魅力だから。


発表はあったけれど、あとニ作、私たちは水さんとみなこちゃんのコンビを見つめることが出来る。
今、雪組は図らずも一番激動の組となってしまっているけれど、あの眼差しは、決して揺らぐことはないんだと、思う。お二人がご卒業するその日まで。


偉大なるお父さまがみなこちゃんの会見の直後にあのような発表をされたことで、また色々思うところはあったけれど。


私は真っ直ぐに自分を、水さんを、舞台を見つめるみなこちゃんの眼差しを信じたい。
二人だから紡げる物語を観ることの出来る尊い日々を、しっかりと覚えていたい。
瑞々しく花開いたその姿を、最後までしっかりと見つめて行きたい。

そんな風に今、思う自分がいるのです。




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。