お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 釈然としない気持ち。TOP雪組 ≫ 釈然としない気持ち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

釈然としない気持ち。

今日の発表を見た時。
胸に生まれた釈然としない思い。
未消化のまま、日々は流れてゆくのでしょう。






雪組さんが一番観に行く回数も少なくて、ファンの方たちに比べたらとても遠くにいる自分が、何かを語るのはおこがましいと思いつつも、やはりこの釈然としない想いと少しでも向き合うために、自分の気持ちをこの場所に紡いでおきたいと思います。

水さんがトップさんとなられて約3年。
本当に雪組さんは、特別なファンではない自分から見ても充実した組だった。

水さんはコムまーから受け継いだ組の体制を磐石のものとし、本当に輝いた一時代を築き、そして劇団の顔として公演以外にも宝塚の可能性を広げてくれたスターさんだった。

AQUA5としての活動を見るまで、私は水さんってもっと真面目で固い方なのかと思ってた。
でもバラエティに出て、芸人さんを前にしてもしっかりとトークして面白く盛り上げて、しかも品格を失わなかった水さんは、本当に素晴らしかったと思う。
とても頭の回転の速い、クレバーな人。そして普通の感覚も持っているナチュラルなトップさん。

AQUAのメンバーみんなでニコニコ笑いながら自然体で民放のバラエティーもこなし、取材も受け、レコーディングやコンサートもやって、それに加えて公演もガッツリあって、ピーク時の5人の多忙さはきっと尋常じゃなかったと思う。

でも見ているこちらが笑顔になっちゃうほど、本当に5人はホコホコ楽しそうにひとつひとつのお仕事を真摯にこなしていた。そんな5人を見ていられる自分を、すごく幸せだと思った。
だってそこには、私たちファンが求める、スターさんたちの間の信頼関係みたいなものが透けて見えていたから。
ピラミッド型の競争社会の最たるものである女の園宝塚で、それでも私たちが勝手に夢見る楽しく仲良しなスター像ってものを、体現してくれたから。

そして、他組のファンながら、雪ほど世代交代がうまく進んでいくだろう組はないって信じてた。
水さんからゆみこさん、ゆみこさんからキムちゃん。
そこにはもう確かなレールが引かれているんだと、私はお気楽に信じてた。


水さんの退団。
それは本当にショックなことだけれど、でもこれだけ色々な役を演じ、AQUA5としてステキな姿も見せてくれて、露出もいっぱいあって、最近のトップさんの中ではしっかりとした密度の濃い時間をファンの皆さんと共有して、ご卒業を選択する時期として、ありえないタイミングではなかったように思う。
勿論もっと色んな水さんを見たかったし、御大とか谷とか損な役回りを引き受けてしまって、でも駄作に成り果てそうな作品をしっかり大劇場レベルに出来たのは、水さんだったから、雪組さんだったから。
その水さんが築いてきたものを、バトンに託して渡す相手が、なんで彼の人ではないのか。
何故、それではいけなかったのか。

私の釈然としない想いは勿論そこから来ている。

ゆみこさんの退団発表があった時。
私は水さんが来年もいてくれるんだ、って思った。
色々な劇団の思惑、それは考えたくも知りたくもないけれど、そういうものが色んな方向に作用して、どうしてもこういうことになっちゃって、だけど水さんがゆみこさんの後を追うようにその次で卒業されるって、それって、納得しようもないことだった、私にとっては。

何で、って言ったって、仕方がないことは分かってる。
ゆみこさんは、そして水さんはもう決断されていて、私は自分の出来るすべてで残りの時間更に輝いていくであろうあの人たちの姿を記憶に刻み付ける。

釈然としない想いは、やっぱり哀しさに変わって、今年もまた、こうして劇団に絶望してスタートするのか、と思った。

でも2009年の締めくくりと2010年のスタートがどちらも雪組さんの人事なんて。

他組ファンの私にとって、雪組さんは羨ましい程に充実して、幸福を絵に描いたような組だったから。
勿論ファンの方にとってはその時その時で思うことはあったに違いないし、だけど外から見る雪組はトップの水さん以下しっかりとスターが育って、生え抜きのテルくんを星の二番手として送り出してなお、磐石の体制で、組子も下級生までみんな楽しそうで、本当に眩しいほどに羨ましかったのに。
不可侵な幸福の絵をそこに私は見ていたのに。


非常に残念です。

ゆみこさんを見送ることも。
こんな気持ちで水さんの退団を知ることも。
そして退団の演目が決まってもいない異常さも、何もかも。

すごくすごく残念です。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。