お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 歌劇ステキ。TOP祐飛さん ≫ 歌劇ステキ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

歌劇ステキ。

東京は今日が休演日。
なんか年末年始も関係なく仕事したり観劇したりしていたせいで、いまいち曜日の感覚がない。
ユウヒさんたち、みんなステキな休日を過ごされていますように!



さて。
今月号の歌劇はなんかユウヒさん絶賛売出し中!的な感じの号ですねー!

劇評にしろ、イケコにしろ褒めすぎやろ~(デレデレ)って感じでございまして、何度も何度も読み返してはウフフフ、と気味の悪い笑いを漏らす始末ですよ、この人!

赤パン(違う)×黒!の衝撃は知ってたんですけれども、まー舞台写真はあるわ、楽屋取材はあるわ、劇評はあるわ、嫁のえと文はあるわ、そこでなんかよくわからんけど、嫁が大好きなんだね、分かった分かったと頷きたくなるようなイラストはあるわ、もー大変でしたね。まったく。

嫁も旦那が好き過ぎっす。あたしたちの需要をちゃんと把握してくれてありがとう、すみ花さま。
とかげの絵が全部ツーショットなところが激しく萌え心を揺さぶりました。


楽屋取材の宙組の皆さんとの写真は楽しくて楽しくて何度も何度も見ちゃった。
最近贔屓のちーちゃんと写ってる写真に猛烈ニマニマっすよ。

なんかもー新春特大号ですけど、あたしみたいなイタイファンにとってはオオゾラ特大号なんでございました。

来月はインタビューされちゃうらしいですヨ!
これまた注目だな。


イヤなことがあったら、とりあえずこの歌劇を取り出して読めばいいと思う。
そんな感じの1月号でした。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。