お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 今年もありがとうございました!!!TOPブログについて ≫ 今年もありがとうございました!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今年もありがとうございました!!!

いよいよ2009年も終わろうとしております。
今年最後の記事を。




今年は本当に激動の一年でした。

去年の今頃は、こんなことになっているなんて、想像もしていなかった。
来るべき四神記の初日を控えて、どんなホゲさまになるのかしら、とドキドキして、その先の未来なんて、しっかりと描くこともせずにいた。

でも、四神記東京公演中にあの発表があり、お茶会を経てその発表が自分の中で現実として息衝くようになり、全国ツアーが大好きな花組のラスト公演となり、博多座初日までは色々な物思いにとらわれ、それが8月3日には杞憂に終わり、熱い夏を経てご贔屓への想いは更に膨らみ、そして年末、これ程までに恵まれた演目はない、と思えるほどの作品と巡り会って今に至ります。

文字にしてしまえば、たった数行足らず。
でも私にとっては、本当に抱えきれないくらい多くのことがあった、忘れることの出来ない一年でした。

また、ご贔屓以外にも、今年は宝塚を取り巻く多くのことが変化した年でもあったと思います。
好きだからこそ、苦しくて悔しくて切なくてどうしようもなくなったことも多々ありました。

そうして何かある度、立ち止まり、持て余す気持ちをどうすることも出来ない自分に、いつも手を差し伸べてくださった、このブログにいらして下さっている全ての皆様の存在なくして、私はこの一年を歩んではこられなかったと思います。

本当に、皆様には感謝してもし尽くせないほど、支え導き元気付けて頂きました。
本当に本当にありがとうございました。


大空祐飛さんが好きだ、という気持ちひとつで始めたこのブログを通じて、私は今年もまたたくさんのものを得ることが出来ました。そのひとつひとつが今の自分を支え、明日に向かう原動力となっています。

この気持ちを大切に、来年も一日一日をしっかりと紡いでゆきたいと思います。



最後に、ユウヒさん。

日々膨らんでゆく大好きな想いは、もうこれ以上にはならない、っていつも思うのに、それは何かある度に自分の予想をはるかに超えたところまで大きくなっていきました。

この一年はその気持ちの成長が、一番加速度を増していたと思う。

挫けそうになる度、未来を信じられなくなる度、ユウヒさんがそんな下を向いた私の気持ちを上へ上へと押し上げてくれた。
歩むべき未来があるのだ、と教えてくれた。

こんなにも尊敬出来る、素晴らしい人を好きになってよかった、ってオーバーじゃなく、毎日思えた。
その想いを育む日々が、泣きたくなるほど幸せだった。
ユウヒさんを想う気持ちが、私をこんなにもこんなにも強くしてくれました。

来年はどんなことが待っているでしょう。
たとえ何があったとしても、変わらない想いが私の中にはあります。
その気持ちを信じて、ユウヒさんを信じて、一日一日進んで行きたいと思います。


来年がユウヒさんにとって、皆様にとって、素晴らしい一年となりますように!!!
2010年もどうぞよろしくお願い致します!!!!


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。