お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 時の過ぎ行くままに。TOPカサブランカ ≫ 時の過ぎ行くままに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

時の過ぎ行くままに。

祈るように公式を開くのが、午前10時の日課になった今日この頃。
今日も胸が痛くなるような発表を目の当たりにして、二の句が次げず。

どうしてあんなにもその全てを賭けているみんなに、試練が与えられるのだろう、と凹みながら考える。考えたって結論なんて出やしないケド。



休演する、ということへの苦渋の決断。
入れ替わりの激しい代役稽古。
舞台を守る組子たちの、休演者の想いも担った眼差し。

誰もが目の前にあるモノに必死に立ち向かって、きっとみんなの気持ちが舞台の上に溶けていることでしょう。

ブログに遊びに来てくださっているHさんが火曜の昼公演をご観劇され、ご報告のメールを送ってくださいました。代役第一弾の公演ですね。

かいちゃんもりくくんも熱演で、代役とは分からないくらい、違和感なく舞台に立っていたとか。
フィナーレの銀橋渡りでは、少し余裕のないかいちゃんをみーちゃんがサポートしていた、と。
ちーちゃんはバッチリ男役でキメていたそうです・・・・!

Hさん、貴重な情報ありがとうございました。
ブログへの転載、快くOK頂き嬉しかったデス。

ちーちゃんはとうとう本日よりセザール役。
代役として大車輪の活躍ですが、日替わりくらいの勢いで色々な役をこなすのは本当に大変なことでしょう・・・・

他の皆も、日々自分の立ち位置や台詞が変わってゆく。
群舞などでは混乱したりもすると思います。
ハードな公演に加えて連日の代役稽古は、多くの負担を組子に与えているかもしれない。


でも、先日あさこさんがご挨拶で仰っていた言葉をあたしは反芻する。

「乗り越えられない試練を神は人に与えない。」

そうだ、そうだ、と鼓舞してみる。

今、みんなが直面している困難はとても険しく厳しいものだけれど、きっとその先に待つものは、何にも代えられないかけがえのないものなんじゃないか、と。
こんなにも大きな試練を全員で乗り越えることで得られるものがきっとある、と。

そう、信じたいと思います。


ありきたりな言葉だけれど。
どうか、明日は休演者が増えませんように。
一人でも多く、復帰することが出来ますように。

ただ祈る。
みんなの無事を、実りある舞台を、その先に待つ全員揃った笑顔を。

心からただ祈って、明日の午前10時を迎えたいと思います。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。