お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 改めて、君の瞳に乾杯!TOPカサブランカ ≫ 改めて、君の瞳に乾杯!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

改めて、君の瞳に乾杯!

ショック。
今日のまとめを書いたのに消えた・・・

頑張って再チャレンジ。





今日は本当に忘れられない一日になりました。


どこか実感が湧かない自分を感じながら聞いた開演アナウンス。
それに対して起こる拍手。
万感の想いで聞きました。涙がいきなり止まらなくて。

涙を拭く間もなく、上手花道せりあがりからリック登場。
スポットライトが当たった瞬間に、再びの物凄い拍手。

それから三時間。
素晴らしい作品世界に没頭し、珠玉の台詞たちに酔いしれ、リックをただ、見つめて、追いかけて、よく泣き、最後は若干酸欠になり、グッタリ。
でも最高に幸せなグッタリ。

だってユウヒさん!
どんだけソロ曲があるの!
どんだけ銀橋渡りがあるの!
どんだけ長いこと舞台の上に立ち続けているの!
どんだけスーツの着こなしが完璧なの!

ああ、でもそれが、主演者になる、ということなのですよね。

誰よりも長く舞台に立ち、
誰よりもたくさんのライトを浴び、
誰よりもソロパートを与えられ、
そして、誰よりも作品の成功如何の責任を背負う。


喜びと同じだけ、もしかしたらそれ以上の重い責務を、ユウヒさんはあの笑顔の下に隠して、覚悟を胸に秘めて、あの場所に立っているんだって。
それが、主演者として在ることなんだって。


だからこそ、あたしたちは、今まで以上、出来る精一杯で、ユウヒさんを盛り上げてゆかねば!ならないんだ!って。
おこがましくもそんなことを改めて感じています。


こんなに素晴らしい作品が、お披露目公演であること、新生宙組の一作目であることに感謝しつつ。
東京の千秋楽まで、リックを追いかけていきたいと思います。


明日はダブル!
今日は全く余裕も何もなかったけれど、明日はもう少し視野が広くなるかな?

つかやっぱり舞い上がっていて、非常に書いている内容が散漫なのを自分でも感じます。
申し訳ありませぬ。

内容については、あまりに早くからネタばれもどうなのか!という感じですので、遠征後から徐々に・・・書いてゆきますね!


最後に、やっぱり今日はこの言葉で締め括りたいと思います!!


ユウヒさんリックに、乾杯!!!

お疲れ様でした!



Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。