お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ うわ!TOP祐飛さん ≫ うわ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

うわ!

ビックリした・・・・・

自分の通常購読の雑誌にいきなりご贔屓の名前が踊っていると心臓止まりそうになります。
エヘ。MISSはオイラの愛読誌なんでしゅ~♪
凄いなんか嬉しいっす~~♪

つか、色眼鏡で見てるのかもしれんが、女性誌掲載、全然オケーじゃね?

「美」についての特集ですたけど、お洋服とかバッグやポーチの中身特集とかにも出ればいい!
出ちゃえばいいよ!ユウヒさん!

そういやカサブランカのお稽古から、入り出ではオイラの通勤バッグと同じところのをオオゾラさんもお持ちになっているとか。色違いだけど。
あたし、なんとなくこれまでヘビロテだったオオゾラさんの好きな某ブランドが個人的な好みと違ってたんで、お揃いになって嬉しいっす~~。

ということで記事雑感行くぜ!
あと、GISELeも思わず買っちゃったから、こっちも行くぜ!





ページ見開きでゆうさんとユウヒさん並び!
むきゃー!なんかうれちい。

オオゾラさん比で勿論気合入ってますたが、お洋服もしっかり掲載誌に合った感じにしてて、素晴らしい!ユウヒさんらしい格好だけど、ちゃんとゴージャス感出てて良いですね~。

モヘアっぽいファーのベスト?と黒のハイネック。
グレーのパンツを黒いブーツにイン。
ファーが黒にグレーがグラデのように入っているので、パンツとのバランスが抜群でつ。
ブーツをインしてるから上半身のフワフワが重くなり過ぎてないのですね。
お勉強になるなーいつものことながら!

しかしお尻が小さいね・・・・ほんと女子体型じゃないっすぉ。
スタイル良すぎる~!

これは私服じゃないかなー、って一瞬思ったんだけどスタイリストはついてないっぽいのでユウヒセレクトですね。

う~ん、前後のページと見比べてもまったく遜色ナシ!
これは一般誌掲載成功なんでないかい??


個人的に宙組みんなの笑顔が美の秘訣なんて言っちゃってるところに、ユウヒさんのステキさと、トップとしての在り方みたいなものを感じました。

自分だけではない、誰かの存在を糧にする人に、なったんだね、って。
なんか感慨深かった。


ポールシェリーのほか、ドゥラメールの基礎化粧品をご愛用のご様子。
サンナホルのシャンプーは知らなかった。ネットサーチしてみようっと。


ご自分の好きなパーツはフェイスラインだそうでつよ!
きゃー!横顔フェチにはたまらん顎からのラインが!
この角度のユウヒさん、とってもキレイです。


オイラは勿論「男役・大空祐飛」さんが大好きなんですが、女子としてもキレイで在ろうとするその姿勢は見習いたいし、同性としても尊敬出来る方だなぁ、と思う。


一方で、インタビュー内容が面白かったのはGISELeの方でした。
なんか、今まで読んだことないような内容だった。

「イケメンなオンナたち」特集だったからかな。
対向ページはアンナちゃんだ!

美とか宝塚特集とか、そういうのってやっぱりどこか既視感のある質問内容が多いわけですが、このインタビューは全然違った!

男性ファンが多いとかww
英語やフランス語でファンレターが来るとか!
指揮者の西本さんのこととか。
一般の働く女子に対するユウヒさんの視点とか。
仕事に対する姿勢も、アプローチの仕方が違うと全然違う言葉になるんだなぁ、と。

「ファッションも含めてジェンダーレスになってきている」なんて、どこのカルチャー誌かと思ったよ。

ほんとに、いつも言ってるけどもクレバーな人だと思います。
そして、自分を客観視出来る人。
それって実は凄く難しいことだと思う。
ユウヒさんみたいなお仕事をしている人は尚更に。

宝塚に居ながら、極めて普通の感覚みたいなものを、ユウヒさんは決して失わないようになさっている気がします。

トップになられて、発言の場が格段に増えましたけれども。
きっとこれから色々な場でユウヒさんが発するメッセージには、宝塚のトップスターとしてのお言葉と、「普通の感覚」の絶妙なバランスが生み出す、唯一無二の世界が広がっているような気がします。
それを目にするのが凄く楽しみデス!


で、お洋服はこれまた初めて見るストライプのシャツ。
赤に黒ストライプ、襟元だけ、赤い部分が白。
グレーのジャケットに同色系のパンツ。

こっちもスタイリスト付いてないっぽい。
ご自分コーディネイトのようです。

膝下が写っていないのが残念!
ユウヒさんの超絶ナイススタイルが伝わらん・・・・!
少しだけ見えるカーペットに見覚えがありますので、劇場で撮ったのではないかと思われます。

写真はどちらも良い!
でもインタビュー内容はGISELeの方を、より多くの方に読んで欲しい気がしました。


「男役であるために必要なのは、イケメンなマインドです」

超名言だと思います!!!

祐飛さん | Comments(-) | Trackbacks(0)
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。