お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

祐飛さんスペシャル

祐飛さんの祐飛さんによる私達みんなへ向けた、待ちわびた宝物みたいな番組がとうとう放送されました。

私が大好きな大好きな祐飛さんのまま。
見つめ続けてきた祐飛さんのまま。

あもたまさん、ちやちゃん、そしてゆうさんの暖かで優しいナレーション。
祐飛さんの耳にはキラキラピアス。

祐飛さんはいつだっていつだって独り善がりじゃなくて、私達ファンのことを本当に大切に思って下さっていて、それを退団後も貫いてくださっていて。
今日祐飛さんが番組を通じて伝えてくれた言葉たちは、全部私の知ってる大好きな祐飛さんそのままだった。


夢に生きていた祐飛さんに、私は恋をして、沢山の宝物と幸せ、かけがえのない想いをいっぱいいっぱいもらって、祐飛さんと過ごしたすべての日々が愛しく大切な想い出なのです。
この記憶は一生私の中に残り続けるでしょう。


祐飛さんを追いかけた自分自身に、一片の悔いもないと今日、心の底から確信できた。
私もまた、もう一歩先に踏み出せたんだな、と。
そのきっかけはやっぱり祐飛さんにいただきました。
祐飛さん、ありがとうございました。


さあ、第二章。
祐飛さんはどんな未来に進んで行かれるのでしょう。
どんな未来でも私はワクワクしながら祐飛さんについていきます。

これからもずーーーーっとずーーーーっと。
祐飛さん、大好きです。
私の一番大好きな、大切な、愛しい方です。


しかし…
ブルーのボーダーにメガネの祐飛さんは反則だ!!
同じこと3回言っちゃう酔っぱらい祐飛さんも反則だ!!
カワイイカワイイカワイイーー!!
ゴロンゴロンゴロン(*´ω`*)
スポンサーサイト

ぷるみえーる

皆さん、沢山の拍手、コメント本当にありがとうございます。
嬉しいです。
とてもとても嬉しかったです。
更新以来、胸がぽかぽかして、ほんわか暖かな気持ちでコメントなど読ませて頂いてます( ´∀`)
本当に皆様、暖かい、です。
ありがとごさいます!!!


そして今日は嬉しいニュースを皆様と共有すべく!

ぷるみえーるのHPで祐飛さんの特番の予告が見れます☆

素敵な素敵なゆうひさん。
あもたまさんとちやねえ。

そして、ラストに特大のトキメキが!
9月29日はてへぺろ記念日なのです(*´Д`)

皆様是非見てみてください♡
骨抜き間違いなしです。

私は早くわうわうに加入しろ。(まだそこ?)

第二章

皆様長らくご無沙汰しております。

千秋楽の日からしばしお休み期間として、祐飛さんと過ごしてきた日々に向き合う時間を過ごしておりました。

宝塚の男役、大空祐飛さんとはもうお会い出来ない、という圧倒的な喪失感。
これは現実じゃないんじゃないか、今はお稽古とかしてて、また少ししたらムラで初日があくんじゃないか、という夢想。
祐飛さんと過ごした日々を思い返し、大切な記憶たちを反芻しては泣き、幸せな気持ちになり、寂しさと戦い、そんな風に、その時生まれてくる想いと向き合いつつ、日々を過ごしておりました。

普通の観劇は出来るのに、宝塚にだけは足を向けることが出来ず、7月1日を最後に東宝には行けておらず、祐飛さんの映像を観るにも、まだ心の準備が出来ていなかったり、毎日前向きになったり、やっぱりウジウジしたり、一進一退な感じで、どうしたらこんな自分と、そしてこの現実と折り合いをつけていけばいいのかな、と最初は途方に暮れました。

それでも時はめぐり、夏はゆっくりと過ぎ、気持ちの振り幅が少しずつ狭まって、そんな頃、家庭画報の記事を通じて祐飛さんが私達に語りかけて下さって。
その祐飛さんが、あまりに揺るぎなく、私の大好きな、大好きな祐飛さんそのままだったので。

今やっと自分の中にひとつの区切りをつけて前に進めそうな気がして、時間はかかりましたがここに戻ってきました。

宝塚観劇も昨日、千秋楽ぶりに、やっぱり宙組でリスタートしてきました。
銀英伝、宙組子たちとの再会が嬉しくて、大好きな組子さんたちの輝く姿は眩しく美しく、やっぱり宙組が大好きだ、と思えた自分がいて。
幸せでした。



皆様もそれぞれに様々なお気持ちを胸に夏を過ごされたかと思います。
変わらずにここに通い続けてくださっていた方々、暖かなお言葉やその時の真っ直ぐな気持ちを届けて下さった方々、昔の記事を読み返し思い出を語って下さった方。
皆様お一人お一人のお気持ちが嬉しく、何度も書いていることですが、祐飛さんと出会って沢山得た幸せや宝物の中で、自分のこのブログは、そんな皆様と出会って、祐飛さんへの想いを共有し、語り合えた大切な場所で、私にとっては唯一無二の存在なんだなぁ、と改めて思いました。

祐飛さんのファンになって色々なブロガーさんに出会い憧れ、当時祐飛さんファンのお友達がいなかった私は、自分も祐飛さんへの想いや、舞台を観た時の気持ちを残しておきたい、と個人の記録のようにブログを書き始めました。
あれはちょうどMAHOROBAの頃。懐かしいです。

それから沢山の出会いがあり、このブログを通じて多くのものを得、多くのことを学びました。
ネットの変遷により、Twitterで更に様々な出会いを得て、色々な方から、ブログ読んでます、というお言葉をいただく度、恐縮しつつ、本当に嬉しかった。
ただ、自分の気持ちを残しておくために始めた小さなブログが、同じ祐飛さんを想う気持ちを持った多くの方々との出会いの場になるまで成長し、私に沢山のものをもたらしてくれたことは、得難い幸せでした。
祐飛さんへの想いが目一杯詰まったこのブログは私にとって本当にかけがえのないものになりました。


家庭画報の中で、祐飛さんは本当に素晴らしいメッセージを私達に向けて発信してくださいました。
私の中にずっと残り続けるような素敵な言葉たち。

祐飛さんの第二章、どんな風にページが進んでいくかわかりませんが、私はずっとずっと待っていたいと思います。
たとえそれがどんな物語でも、私は祐飛さんが紡ぐ第二章を楽しみに待ちたい。
そしてその物語を紡ぐ祐飛さんを、また追いかけていきたいと思います。

そして、その時、祐飛さんを追いかけながら感じた想いは、やっぱりこの場所に残していきたいと思っています。

家庭画報、まだご覧なられていない方がいらっしゃいましたら、是非手にとってみてください!
あ、でも本屋さんでの立ち読みは危険です。
涙腺が決壊する恐れがありますのでご注意ください☆


久々のブログで、書きながら気持ちをまとめているため、なんだか内容がとっ散らかってきちゃったかな?
すみません。

何はともあれ、まだ祐飛さんご卒業前に書きたかったあれやこれやが中途半端なのも気になっておりまして!
一番はクラシコスーツ選手権とか!
色々なことがあり過ぎて今年の上半期はちゃんと落とし込むことが出来なかったので今更ですが、また記事を上げさせて頂きます!

ということで、非常にのんびりとしたペースにはなるかと思いますが、引き続きお月さまをみてる。、遊びにいらしていただけたら嬉しいです。

これからも祐飛さんへの気持ちを、宝塚への愛を、皆さんと共有していけたらそれ程幸せなことはありません。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。