お月さまをみてる。

第二章を歩み出される祐飛さんを追いかけてまいります☆
2011年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年03月
ARCHIVE ≫ 2011年03月
      

≪ 前月 |  2011年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ヴァレンチノ諸々。

千秋楽以降、なかなか更新できず申し訳ありませんでした。
計画停電や、節電を!と思ってみたりで、自宅のPCをあけないようにしていたので、なかなか記事を書くことが出来ず・・・。

千秋楽の記事の最後で、ブログを終わらせてしまうようにも取れる書き方をしてしまい、ご心配頂いた皆様、大変失礼致しました;;

私、まだまだ続けて参ります!です!
これからもよろしくお願い致します。

嬉しい暖かなコメントを沢山お送りいただき、本当にありがとうございました。
入り出のことも、というお言葉も多くの方から頂きまして、それぞれの日にちに合わせて、記事を追加いたしました。


〔入り出報告〕ヴァレンチノ


以上からお進み頂けば、入り出報告をまとめてお読みいただくことも出来ます。
ユウヒさんのご様子がお伝え出来れば嬉しいです。

また、コメント欄にお寄せ頂きました皆様には、遅くなりましたがお返事をさせて頂きました。
ありがとうございました。

拍手コメントも本当に沢山の方々からお寄せ頂き嬉しかったです。
皆さん同じお気持ちをお持ちで、DCに行くことの出来なかった皆様から、ユウヒさんや舞台の様子をお伝えすることで、喜びのお声をいただけたこと、出陣された皆様からは、ご一緒に体験した喜びをお伝え頂けたこと、本当に本当に嬉しく幸せでした。



また、皆様とご一緒に共有したいことが。

先日、以前よりブログに来て下さっていた、東北にお住まいのリコ様が、コメントをお送り下さいました。
リコ様は被災され、現在避難所で日々をお過ごしということでした。

本当に厳しい状況に在られる中、私のブログにいらして下さり、記事を読んで頂けたこと、そして感謝の気持ちをコメントに綴ってくださったこと、ユウヒさんの言葉に勇気をもらって自分も頑張る、というリコ様のお言葉に、私は涙と感動と、それ以外にもたくさんの感情が爆発して、声をあげて泣きました。

こんなネットの片隅で私という人間が思いのままに書いているブログが、本当に微力ではあれど、リコ様の心を励ます力になれたこと、ユウヒさんに私が救われたこの約2週間で感じた気持ちが、たくさんの皆様と、そしてリコ様と共有出来たこと。

本当に、本当に、言葉にはならないほど、ただただ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

リコ様、本当に本当にありがとうございました。
リコ様のお言葉、お気持ち、ここに来て下さっている皆さんと、共有させて頂きました。


リコ様を含め、被災地ではいまだ沢山の方が本当に厳しい状況の中で過ごしていらっしゃいます。
テレビや新聞、ネットでも多くの情報、受け入れ難い現実を日々、目の当たりにします。

自分に出来ることは何か。
様々な情報に踊らされることなく、本当に大切なことを見極める目と心を持ち、下を向くのではなく、しっかりと前を向いて歩いていきたいと思います。



まだもう少しルディとの想い出をここには残していきますので、お付き合いいただければ嬉しいです。

皆様が届けてくださったすべてのお気持ちに心から感謝いたします。
ありがとうございました。



スポンサーサイト

ヴァレンチノ 千秋楽ご挨拶。

遅くなって申し訳ありません。
ニュースで千秋楽映像を観ては泣き、ご挨拶を聞いては泣き、なかなかしっかり書き起こすところまで到達できませんでした。

そして先日の記事では、わたくし、またもや若干脳内捏造を!
申し訳ありません。

素晴らしいご挨拶を是非、皆様と一緒に共有したく、以下アップさせて頂きます。


ヴァレンチノ千秋楽。

改めて、ヴァレンチノ千秋楽、おめでとうございます。

これだけの想いを込めて公演を追いかけたことも、
一回一回の密度の濃さも、
何もかもが、これまでのどの公演とも違って、同列では語ることの出来ない作品となりました。

いつもの公演のような更新をすることは出来ませんでしたが、来て下さる皆さんの想いも、強く、深く、心に響くものばかりで、拍手をひとつ頂くことの重みも、今回ほど感じたことはありませんでした。

沢山の方の想い。
読ませて頂く度に胸が熱くなり、でも本当に、その想いが、本当にちゃんと、ユウヒさんに届いているんだ、とこれだけ感じることが出来たのも初めてのことでした。

本当に、私たちの想いは、しっかりと、届いているんです。

その想いを受け止めて、舞台に立ってくださっているのだ、ということ。
それを今回の公演を通じてユウヒさんは、舞台の上から演じることで、お茶会やご挨拶で直接言葉にすることで、伝えてくださいました。
それが私たちにとっても、どれだけの勇気、そして前を向く力になることか。


どうか、今回DCにいらっしゃることの出来なかった方々にも、そのユウヒさんの想いが、伝わりますように。
そう願いながら、お茶会に関する記事や今日、ブログを更新しました。

そして。
お茶会、今日のお昼に更新した記事、その記事に対する皆さんからの心のこもった拍手とコメントを拝見して、ああ、私の力は本当に微力だけれど、ちゃんと伝えたいことを、受け取ってくださった方がいる、と胸が熱くなりました。嬉しくて嬉しくて涙が止まりませんでした。

ユウヒさんの想いを受け取った私たちが明日から印す一歩が意味のあるものとなり、ヴァレンチノの公演と共に、笑顔で振り返ることの出来る未来が一日も早く訪れますように。


ユウヒさん、出演者の皆さん、本当に本当に、ありがとうございました。
そして、ブログにいらしてくださった皆さん、本当に本当に、ありがとうございました。



葛藤を越えて。

千秋楽、カメラが入っていたのでご挨拶の放送はありそうです。
よかった・・・
一字一句、皆さんと共有して、ずっと心の中に残しておきたいご挨拶でした。


まずはすっしーさんから、被災地の方々へのお見舞いと、本公演に関する謝辞、そして今後のお話などと共に、これからも公演を続けていくことへの気持ちをご挨拶に込められてお話してくださいました。

このあたりから、組子さんたちが徐々に涙を流し始め・・・
ともちんやせーこちゃんをはじめ、下級生の中にもユウヒさんのご挨拶を聞きながら号泣している生徒さんもいて、客席もものすごい湿度でした。

ユウヒさんは、笑顔で一歩踏み出していらっしゃいましたが、ご挨拶のお声は、少し震えていたように感じました。


本当に皆さんには一字一句、ユウヒさんが伝えたいことをちゃんと知って頂きたいので、ニュースでやったら書き起こしたく思うのですが、記憶している範囲で・・・



○震災のあった日から、舞台を続けていいのか、という葛藤があった。正直、葛藤のない日はなかった。
でもこんな時だから元気をもらいに来た、見て自分がどんなに怖さで固まっていたかに気付いた、って声をもらって、逆に勇気を、そして自分たちが舞台に立つ意義を教えてもらった気がする。
そうした声に、お客様に支えられて私たちは公演を続けることができた。

○常々、夢の国宝塚、って言ってるけど、その言葉の意味を、重みを、初めて分かった気がした。

○ルディや愛する仲間たちとの突然の別れは寂しいけれど、どうか皆様の心の中に生き続けて、勇気を与えられたら、と思います。

○明日からはまた、舞台を降りて、自分たちが出来ることをやっていこうと思います。

○このような状況の中、見に来て下さり、本当にありがとうございました。


ユウヒさんのご挨拶、そしてその後ろで涙を流し続ける生徒さんたちを見て、この状況下で舞台に立ち続け、公演を続けることが、どれだけの重みを持つものだったかを、改めて感じました。
私が観に行く、ということに対して持った迷い、そうしたものとは比べ物にならない葛藤、重圧、迷い、そういうものが出演者の皆さんの上には圧し掛かったのだと思います。

少し話がそれますが・・・・
先週私は、やはり迷いの中で、野田秀樹さん、三谷幸喜さんの舞台を観に行きました。
その時、日本演劇界を代表する二人の演出家が、開演前に、そしてカーテンコールで、同じことをを語られました。

お客様が一人でも来て下さる限り、自分は劇場の灯を消さない。
それが正しいことかどうかは分からないけれど、演劇人としての自分の使命だと信じている、と。

その覚悟を一緒に背負った役者さんたちの魂のこもった熱演に圧倒されつつ、私の中にその言葉が残っていて。

だから今日、ユウヒさんのご挨拶と、そして出演者の皆さんの涙を目の当たりにして、改めてその覚悟を持つことが、どれだけ凄まじいものか、ということを痛切に感じました。


すいません、お話がちょっとそれてしまって;;

アンコールは3回。(くらもちふさこじゃありません)(←分かってるよ)

ユウヒさん、2回目で、もう言葉になりません・・・と笑顔で胸をギュッとされて。

笑顔になることを恐れないで、と言って下さったユウヒさんの笑顔。
その笑顔の裏にあったものすごく大きな葛藤を、超えて今、この人はこの場所に立っているんだ、と思ったらまた涙が止まらなくなってしまって。

でも、最後の最後に、ユウヒさんはありがとうございました、の後、スタオベの私たちに、本当に心からの笑顔で、チャオ!!!って叫んでくれました。
それで、舞台上の下級生もやっと心からの笑顔になって。
本当に泣き笑いだったけれど、本当に本当にステキな笑顔でみんなが手を振って。

ユウヒさんは愛しそうに、客席を満遍なく見渡して、ルディの笑顔で手を振ってくれました。



ああ、もどかしい。
私の言葉では、あの劇場の空気がきちんと文字として浮き上がってきていない気がする・・・・
あの生きた空気を、うまく伝える術を私が持ちえていたらいいのに。

一つ前の記事もそうですが。
どうかユウヒさんの、出演者みんなの想いが、拙い言葉ではありますが、読んで下さる皆様に、少しでも伝わりますように。

ニュースをみたら、ちゃんと改めて記事を書こうと思います。
今日のことは、本当に多くの方に、ちゃんと伝えたい、と思うのです。
放映までは、私の記憶の中のご報告で、お待ちいただければと思います。





3月20日千秋楽出。

ルディとお別れし、ユウヒさんのご挨拶に泣き笑いしながら、きらりちゃんとガードに入りました。
大休憩中から降っていた雨が止んでいて、さすがユウヒさん、と話していたんですが、結局長い長いガードの間に、降ったり止んだりの繰り返しでした。

今週末は梅芸で愛と青春の宝塚をやっていて、そちらの出とも被ってもの凄い楽屋口がカオスに!
しかも節電のため、イルミネーションがすべて消灯していて、暗い、雨、凄い人、という感じでなにがなにやら、こんなのは初めてでした。

・・・と言っても我々はガードに入っているので、そんなに混乱はなかったのですが、楽屋口が人で溢れていて、ギャラリーの方も凄かったです。
しかも梅芸の方たちが呼んだタクシーが、10台近くズラッと並んで、出演者の方々が出てくるのを待っていて、本当に凄い賑わいでした!!

一番最初に出たのが美月くんだったかな?
意外と早い出だったので、今日は全員早いかな~?って感じ・・・だったのですが、そこからが長かったです。

下級生がチラホラ出て、と思ったら梅芸のどなたかが出て(でもどなたかは見えない)、座るのか、立ったままなのか、拍手はするのかしないのか、楽屋口からちょっとはなれた場所だったので、どっちだー?どっちだー?ときらりちゃんと言いながらキョロキョロ。

途中、みーちゃん、かいちゃん、りくちゃんなどなどが一気に出られて、壮観でした。
みんな公演ストールをつけていて、可愛かったです。
かいちゃんがみーちゃんに、フリフリ、と手を振ったり、りくちゃんがファンの皆さんと楽しそうにお話したり、ともちんもその後出られて、ファンの皆さんに優しくお話をされていて、ほんわかしました。

そこからまた待つことしばし・・・・
ユウヒさんがご登場!!
雨はほぼ止んでいるくらいの小雨でしたが、ユウヒさんは傘をさしていらっしゃいました。
傘をさしているユウヒさんのお姿は結構貴重ですね?

楽屋口から、ニコニコニコニコしながら、みんなの前をありがとー、ありがとー、って言いながらゆっくり見渡しつつ歩いてくださいました。

お手紙は、楽屋口から一番遠い角にいらした方が代表でお渡しして、ありがとう!ってお受け取りになり。
また、来られた道をゆっくりと戻られて・・・・スタッフさんの誘導で、ちょうど長いガードの真ん中に立つユウヒさん。

そうです、恒例のかけ声です。
今回も劇中のジューンの台詞をもじって、みんなで気持ちをユウヒさんに伝えて、最後にチャオ~~~!って叫んだら、本当にカワイイ笑顔でアハハ、って笑って、チャオ!!って言ってくださいました!!
初日はちょっと伝わらなかったけど、千秋楽はバッチリでした!

ユウヒさんはその後もご機嫌にグラッツェ!ありがとーーー!ってとっても大きな声で言ってくださり、最後に端まで見渡して、もう一度大きく手を振って、お帰りになりました。

楽屋口辺りまで来て、曲がる時にも、もう一度大きく伸び上がってみんなに見えるように手を振ってくださいました。

あんな笑顔を見たら、誰だって幸せになるよ!
心の中のカメラに収めて、永遠にとっておきたい笑顔でした。


最後はすみ花ちゃんが出ていらして、入りのリベンジでご挨拶をいただけて、ユウヒ会は大満足でありました。(・・・そうです。私は新幹線の時間があり、ギリギリまで頑張ったのですが、すみ花ちゃんにはお会いできませんでした。無念。)


今回は入り出が出来た回数は少なかったのですが、一回一回が本当に宝物になるほど、想い出に残るものになりました。


あなたのファンであることが私の誇り。

もうすぐ千秋楽です。

先週より、カーテンコールで、ユウヒさんのご挨拶がメッセージ性の高いものになっています。

劇場に足を運んで下さったことへの感謝。
被災地の方々への想い。
元気になって被災した方々を支えましょう、という決意。
義援金箱のこと。

そんなご挨拶をされているのですが。

今日、前楽のご挨拶で、ユウヒさんが一息おいてから、口にされたひとこと。

「笑顔になることを恐れないでください」

そう言ってニッコリと微笑まれました。

色んな想いが滲んだその一言を、大切に紡いだユウヒさんに、私は決壊・・・
まわりでも、終演後号泣して立ち上がれなかった方もいらっしゃいました。

この一言を、このタイミングで、舞台の上から、投げかけて下さったことの意味、そして意義。

あなたのファンでよかった。
本当によかった。

私は心底そう思いました。


どうかユウヒさんのこの想いが、ここに書き残すことでたくさんの方に伝わりますように。


千秋楽、いらっしゃることの出来ない方々の分も、全身全霊を込めて、ルディを、ヴァレンチノの世界を、見つめてきます!



3月20日千秋楽入り。

いよいよ千秋楽。
午後から雨の予報が出ていましたが、朝は少し薄曇りで、時々日がさしました。

本当に終わっちゃうのか実感がなくて、なんだかフワフワしていました。

ユウヒさんは公演ストールを巻いてご登場でした。

○黒ニットキャップ
○茶色サングラス
○トレンチ
○公演ストール
○チェックシャツ
○ベージュのチノパン
○ティンバーランドっぽいキャメル色ブーツ
○黒バレンシアガ

ルディの中に生きているユウヒさんへの最後のお手紙渡し。
感謝と、大好きの気持ちを込めて、おはようございます、って言いました。

ユウヒさんはニコニコして、低~~~い声でぉはよーって言ってくださいました。
お声も聞けたしニコニコな笑顔も向けて頂けて嬉しかったなぁ・・・

赤い公演ストールが時々風にフワフワなって可愛かったです。
全体にベージュ系の落ち着いた明るめの色味だったので、赤いストールがステキなアクセントでした。

最後もバイバイ!って手を振って入っていかれたのですが、ちょうど人通りが重なってしまい、どのタイミングで手を振ろうか一瞬思案した様子のユウヒさんが可愛かったです。

そして、ニットキャップのタグがペロリンと出てしまっていて、その無防備さがルディそのものみたいで本当に可愛くて、最後の最後で心臓が飛び上がりました。

今日は会のある生徒さんほとんどが公演ストールを身につけていらして、みんなで一体となっている感じがしてとても嬉しかったです。

恒例のすみ花ちゃんのご挨拶は、すみ花ちゃんがちょうどファンの方からお手紙を受け取っている最後の方でユウヒさんがいらしたため、すみ花ちゃんがこちらにご挨拶しようと振り返ったらユウヒさんがいらしていて、あわわわ、ってなってこちらにニコリペコリとしてそっと楽屋に入られるその姿が本当に可愛くて、キュンとしました。


みんなの気持ちをひとつにして、いざ、千秋楽です!



3月19日出。

土曜日の出は、会いたかったルディに会えた幸せな気持ちに溢れつつ、地震酔いとの戦いで時々立っているとフラフラして、暗い分余計辛くて、あまり記憶がありません;;

ただ、お手紙を渡す時のことは記憶が鮮明で、ユウヒさん効果すごい!と思います。
でもお洋服の記憶が全然飛んでいて;;申し訳ありません。

結構早めの出だったような気がします。
解散したのが早かったので。

ユウヒさんはやっぱり笑顔で、ありがとう、と低いながらもお声も聞こえました。

西のお手紙渡しは私たちが移動するので、前の人に続いて歩いていると、突如視界が開けて目の前にユウヒさんがいらっしゃる、ということになるので、いつも一瞬ぴょん、と心臓が飛び跳ねます。
そのユウヒさんが笑顔だと、更に心臓がぴょんぴょんします。

みんなから受け取ったお手紙をゆっくり袋に入れて、最後に大きな声でバイバーーーイ、と言って手を振ってタスタス、とお帰りになりました。
楽屋口を過ぎたあたりでもう一度振り返って下さり、ブンブン、と手を振って下さいました。

ユウヒさんの笑顔に元気をもらって、ラスト一日、全力で駆け抜けたいと思います!


道しるべ。

日曜日、梅田まで行ってきました。
直前まで色々考えて、色々悩みましたが、行きました。

ユウヒさんに入りでお会い出来た時、涙が出ました。
本当に、こうして、大好きな人に会うことが、どれだけ奇跡みたいなことなのかを、私は初めて知りました。

今回いらっしゃることの出来なかったたくさんの方に少しでも、日曜日の素晴らしい時間を共有して頂けるように、そして、このブログに来て下さっている皆様が、ひとつ前の記事にも書きましたが、いつか戻ってきて下さった時に、この記事で、「ヴァレンチノのお茶会」を一緒に追体験して頂けるように、出来る範囲で、お茶会のことを書き残しておきます。


3月13日入り。

とても良く晴れた気持ちのいい日曜日。
暖かな気候の中、いつもと変わらない梅田の風景、楽屋口の空気。

ユウヒさんのお姿が目に入った瞬間、ユルユルと色々なものが溶けだしていくのを感じました。

お茶会当日だったので凄い人、でもユウヒさんは暖かな笑顔をお顔に浮かべて、一人一人に、ありがとう、ありがとう、と言いながらお手紙を受け取って下さいました。

ユウヒさんのお洋服、覚えている限りでは全身黒づくしだったです。

○黒いキャスケット?
○茶色の大きめサングラス
○黒い薄手のロングコート
○格子柄のストール
○黒いパンツ
○黒いブーツ

私はユウヒさんにお会い出来ることに感謝し、色々な気持ちを綴ったお手紙を渡しました。
多分私はユウヒさんにお渡しする時かなり涙目で若干泣いていたのですごいキモめだったと思うのですが、そんな私の気持ちを受け取ってくださるように、頷きながら、ありがとう、と言って下さいました。

最後はみんなを見渡して、大きな声で、行ってきます!とオトコマエにブンブン、と手を振ってくださって。

そのいつもの変わらないユウヒさんのお姿に、私は再び決壊。

会いたかった、会いたかった、本当に本当にただただ、会いたかった。
ありがとうございます。

そう心の中で叫んでおりました。

ガード解散してから、たくさんのお友達に声をかけてもらって、その皆さんの温かさにも決壊。

あの暖かな朝の梅田の記憶は、今思い出してもキラキラしていて、日曜日の様々な想い出と共にずっと私の心を支えてくれています。

ユウヒさんの笑顔、ありがとう、というお声、お顔をあげてこちらを見て下さったこと。
全部、本当に嬉しかった。

いろんな想いをすべて受けとめてくださったように感じられて、本当に幸せな入りでした。

二度目の夜が来ます。

地震が来てから、二度目の夜が来ます。

私のブログには今回大きな被害を受け、被災地となった地域からも遊びに来て下さっている方が沢山いらっしゃいました。

今、私に出来ることはほとんどありません。
節電をして、信頼できるところに微々たるものでも義援金を送り、体を健康に保って然るべき時が来れば献血をし、いつか送れるときが来たら提供できるように毛布や衣類を用意する以外出来ることはないです。

自分がこんなにも大きな地震を経験したことが初めてで、昨日、そこらじゅうから物が落ちてきて凄まじい状態になった会社で呆然としながら、阪神大震災を経験された先輩や後輩の話を聞いたり、私も含め親戚が被災地にいる人間はテレビを見ながら言葉を失うことしか出来ませんでした。

どうか、どうか、今拡大しているこの被害が、少しでも小さくなるように。
被災した方々に一日も早く、復興に向けた動きが届くように。

そして、ここに来て下さっていた方々が、どうかまた笑顔で、ユウヒさんや宝塚のお話をしに、戻って来てくださるように。



元気で健康な私たちが出来ることが、ひとつでも増えていく明日を強く願って。

被災地の皆さんのご無事と復興を、心よりお祈り申し上げます。


初見のツボ語り。②

頑張って書かないと次の遠征の日になっちゃいますね;;
続き行きます~!

初見のツボ語り。

まずは次回観劇がお茶会の日なので、初見で感じたツボを書き出しておきます!

観劇を重ねてから読むと色々面白いんですよね~、初見のツボって。
壮大なネタばれなので隠します!
(携帯から読んでくださっている皆さん、ご注意下さい!)


3月8日初日出。

誰がため千秋楽出の、あの豪華な3ショット以来のユウヒさんでした~!

ガードに入った頃はそれ程寒くなくて、昼間も暖かかったので大丈夫かな~なんて思ってたんだけど、途中から風がビュービュー吹いて来て、凍てつく寒さにガクガクブルブルでした。
一緒にいたpocoちゃんと、風が吹く度にひえーひえーって言って、私はモゾモゾと1時間以上経って冷え切ってからカイロを取り出しました。

小池先生が出ていらっしゃるのも遅かったので、多少ダメ出しや確認があったのかな?
ユウヒさんは終演からかなり経って、出演者の中でオーラスの出でした!

でもメガネでお化粧しててニコニコで鼻血出そうでした☆

○黒縁メガネ
○ベージュトレンチ
○黒マフラー
○赤ニット
○ターコイズ色の小さな不揃いの石の連なったネックレス
○ベージュのレギンス風の超細身パンツ
○茶色の編み上げワーキングブーツ
○赤ゴヤ

でした。

お手紙渡しが始まった時から、ずっとニコニコで、ありがと、ありがと、ってお声を出して受け取って下さいました。はうーはうー可愛すぎる~!

髪の毛が黒かったかと思うんですが、お顔の可愛さ、キレイさに見惚れて、また鳥目のため、髪の色まで確認する余裕がなく・・・

お手紙渡しが終わると、恒例のかけ声が!
ちょっとしたシャレ?のきいたかけ声で、スタッフさんが一生懸命考えて下さり、私たちも何度も練習をして、満を持してだったんですが・・・・

やっぱり言ったあとユウヒさんの第一声は

「・・・?え?何?」

でした~~~(笑)

あまりに想像した通りで、私たちも爆笑、ユウヒさんも爆笑!
にゃははは~って笑いながらスタッフさんに確認するユウヒさんの可愛さったら!!
なんですの、あの可愛らしい生き物はっ!!!
心臓が笑いながらハクハクしていましたよ!

なんとなく趣旨が分かったユウヒさんはニコニコしながら、あ~うん、分かった!うん、待ってるネ~!って言ってそのまま満面の笑みでバイバ~~~イって言ってお帰りになられました。


もー昨日も書いたかもしれないけど少年ルディ効果で尋常じゃない可愛さが垂れ流し状態で、私はドキドキハクハクしっぱなしです!

寒さを吹き飛ばす素晴らしい出でございました☆




祝!ヴァレンチノDC初日!!

改めて・・・

宙組ドラマシティ公演「ヴァレンチノ」初日おめでとうございます。


名作とうたわれ、またそして今や大演出家となられた小池先生の処女作の万を持しての再々演、その期待が高まれば高まる程、いかに出演者に対するプレッシャー、責任の重みが増すか、私は今日それを目の当たりにしました。

でも、宙の出演者の皆さんが体当たりで、この名作に挑んで、本当にいきいきと、素晴らしい作品に仕上げたことは確かで、またこれからがもっと楽しみに思えるのは、皆が日々の公演を通じて、未知数な領域にまで進化し続けることを私が知っているからです。

出演者ひとりひとりが新境地を切り開き、本当にいきいきと舞台に立つ姿。
美しい音楽、美しい台詞、美しいセット、美しい衣装。
20年以上前の作品には思えないほど、今日の舞台は瑞々しく新鮮で、まるで劇中に出てくるオレンジのように輝いていました。


ああ!
約一ヶ月、こんなステキな作品を追いかけていけるなんて、私はなんて幸せで、そしてそれは贅沢な時間でしょう!


ユウヒルディの満面の笑み。
可愛らしい台詞回し。
ラテンラヴァーとなり、でもずっと大好きなオレンジが生い茂る丘を夢に見る人。

あなたが大好き!
大好きなあなたに恋をして、劇中のファンのようにきゃあきゃあ言いながら、追いかけていきたいと思います。


青年館千秋楽まで、出演者の皆さんが無事この舞台を生き抜いていかれますように!!

本当に素晴らしい舞台、胸踊る初日を、ありがとうございました!!


アランチャ!②

どうしてもこれだけは・・・

ご挨拶の第一声が「緊張しました・・・」
その後物凄く可愛く破顔されて。

この再演がどれだけユウヒさんにとって大きな重責となっていたか、伝わってきました。

そして放心したように、ポツリポツリと言葉を紡ぐユウヒさん。

胸がいっぱいになりました。

でも、最後はルディっぽくカワイイカワイイユウヒさんでキュンキュン!


二回目のカーテンコールでやっと肩の力が抜けて小池先生たちへの謝辞を述べられました。


名作の再演への重責は半端なものではないんだな、と。

でも必ず、名作の再演に相応しい舞台になると、私は確信しました!


アランチャ!

充電が切れそうなのでとりあえず・・・

ルディ最高に可愛くて、最高にステキ!
初日のバタバタ感がありましたから、これからどんどん良くなると思います!

すみ花ちゃんジューンも、かいちゃんナターシャもすごくステキ!

とにかくあんなにカワイイユウヒさんを観ることが出来るなんて・・・
最高です!!!


書きたいことが山ほど!
運良く充電出来たらまた書きに来ます!


はじまるー。

いよいよです。
飲み物をいくら飲んでも口の中がカラカラ。

心臓がつぶれそう。

いよいよ!
いよいよ!


オレンジの彼。

に会いに梅田まで行ってきます!

早く会いたい、ルディ!
オレンジ農園で待ってて!(そういう話ちゃう)

行ってきます!!


花組大劇場公演千秋楽おめでとうございます。

いよいよ、この日が来てしまったのですね。
あの大劇場という場所から、真飛聖さんをはじめとする大切な花組の卒業生たちが、巣立つ日が、来てしまったのですね。


ただ目を伏せて、花組の映像はなるべく見ないようにして、その事実を先送りにして、出来ればなかったことにしたいくらい、本当にここのところ、私は花組さんの情報を極力シャットアウトして生活していました。

大好きなお友達たちが、全力でゆうさんや卒業生やゆうさんのいる今の花組さんを追いかけているのを知りながら、東京に来るまではどうしてもその事実に向き合いたくなくて、すっかり目を伏せてしまっていました。


でも今日。
大劇場ご卒業のこの日。
やっぱりゆうさんのことを語らずにはいられない自分がいます。

尋常じゃないんですが!

お稽古場映像がっ!

ユウヒさん少年風!
しかもベレー帽!
それを脱げばオールバック!
しかも、しかも、しかも、しかも、片言しゃべり・・・ひーーー(白目)

可愛すぎて、新境地すぎて、死にそうです。

私明日大丈夫なのかな・・・



ヴァレンチノグッズ。

キャトルHPにヴァレンチノグッズがうpされてます。

キャトルレーヴ ヴァレンチノグッズ

2L写真が出るようであります。
以前はサイン入りだったこともありましたが今回はないみたい。

ツアーバッグもオレンジですな!
やっぱりヴァレンチノのテーマカラーはオレンジなんだな~。


明日はお稽古場映像も流れますネ!
ドキドキ。

いよいよ明後日、初日デス!


きしゃこの想い出。

笑って笑って、舞台のどこを見たらいいんじゃい!と忙しく、一回じゃ足りないよー!むきー!となった公演でございました。
出演者全員の魅力が爆発してて、本当に最高の舞台でした!!!

壮大にネタバレしますので、そして尋常じゃなく長くなってしまったので、隠しまする。


きしゃこーさいこー!

きしゃこ観てきました!

最高でした。
大好き!

久々にハッピーなお芝居が観れて嬉しかった。
私にとってまさに宝塚、って思える楽しい楽しいお芝居でした。

書きたいことが山積みです。
また夜にゆっくり~。



お稽古場レポート

いやはや、予想よりも早く放送されて、黒髪のオオゾラさんにぎゃ~ってなっちゃいました。
その時ハートは盗まれた!デス(バカ)


ユウヒさん、みーちゃん、ありさちゃんとあもたまさん、あこてぃんの5人。
ありさちゃんがユウヒさんと並んでいるのがなんだか嬉しく微笑ましい~。

みーちゃんとはニコニコ仲良しで、劇中でも仲良しさんなようで楽しみですね!

何はともあれ、イタリア語のレッスンをしているというユウヒさんの

ボンジュォォォ~~~~~ルノォォォォ~~~~~!(満面の笑み付き)

が最高で、そこだけ何度も何度もリピートしちゃいましたよ。はい。

巻き舌をあこてぃんと一緒にやってるのも超可愛かった!


は~、いよいよ来週の火曜日からなんですね。
楽しみ度が加速度的に増しております。

お稽古場映像は月曜日かな?
ワクワクワクワク。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。